生活の設計図

記事一覧

「鰰」「鱩」「雷魚」「燭魚」(はたはた)の名前の由来

ハタハタは、スズキ目ハタハタ科に属する魚。別名「カミナリウオ」「シロハタ」という。日本では主に日本海側で食用にされ、秋田県の県魚である。煮魚や焼き魚に調理されるほか、干物・塩蔵・味噌漬けなどにもされ、しょっつると呼ぶ魚醤にも加工される。魚卵はブリコと呼ばれる。

[続きを読む]

「鯇」「雨の魚」(あめのうお)の名前の由来

アメノウオは、サケ目サケ科に属する淡水魚。別名「ビワマス(琵琶鱒)」といい、琵琶湖にのみ生息する固有種である。

[続きを読む]

「鮇」「岩魚」「嘉魚」(いわな)の名前の由来

イワナは、サケ目サケ科イワナ属に属する魚。分類上は、イワナ属のうちの1種にイワナという和名が付けられているが、近縁種で北海道に生息するオショロコマも含めて広義のイワナとして扱われることが多い。

[続きを読む]

「鰝」「伊勢海老」(いせえび)の名前の由来

イセエビは、エビ目(十脚目)イセエビ科に属するエビ。熱帯域の浅い海に生息する大型のエビで、日本では高級食材として扱われる。

[続きを読む]

「鱶」(ふか)の名前の由来

フカは、サメのことである。関西では区別しないが、関東ではサメの中で大型のものをフカという。古名はワニといった。

[続きを読む]

「鯊」「魦」「沙魚」「蝦虎魚」(はぜ)の名前の由来

ハゼは、スズキ目ハゼ科に属する魚。2100種類以上が全世界の淡水域・汽水域・浅い海水域のあらゆる環境に生息し、もっとも繁栄している魚のひとつ。釣り魚としても馴染み深い魚である。

[続きを読む]

「鮸」(にべ)の名前の由来

ニベは、スズキ目ニベ科に属する魚。「ホンニベ」とも呼ばれる。「シログチ」とともに関東では「イシモチ」、関西では「グチ」と呼ばれることがあるが厳密には両者は異なる。

[続きを読む]

「鯎」「鯏」「石斑魚」(うぐい)の名前の由来

ウグイは、コイ目コイ科に属する魚。沖縄地方を除く日本全国に分布する。多くの地方でオイカワやカワムツなどと一括りに「ハヤ」と呼ばれるほか、分布の広さから数多くの地方名がありアイソ・アカハラ・クキ・タロ・ニガッパヤ・イダ・ヒヤレなど各地の独特な名前が付けられている。

[続きを読む]

「鮊」「白魚」(しらうお)の名前の由来

シラウオは、キュウリウオ目(またはサケ目)シラウオ科に属する魚。東アジアの汽水域周辺に生息する半透明の細長い小魚で、食用にもなる。

[続きを読む]

「鯯」「拶双魚」(さっぱ)の名前の由来

サッパは、スズキ目ニシン科に属する魚。汽水域に生息し、ママカリ(飯借)という別名でも知られる。ママカリ料理は岡山県の郷土料理として有名である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加