記事一覧

「ひとりずもう」の語源・由来

ひとりずもう(一人相撲、独り相撲)は、相手もいないのに自分だけが空回りしていること、また、実りのない物事に必死で取り組むことを意味する。

[続きを読む]

「序の口」の語源・由来

「序の口」は、物事が始まったばかりのこと、発端を意味する。

[続きを読む]

「勇み足」の語源・由来

「勇み足」は、調子づいて自ら失敗したり、やりすぎたりした時などに使われる表現である。

[続きを読む]

抜けなくなった指輪は消防署で外してくれる

昔、とある人が指輪が外れなくなって、どうしようもなくなって、たまたま消防署に駆け込んだところ指輪を外してくれたという。

[続きを読む]

ほとんどの漫画家が使うGペンの「G」の由来

ほとんどの漫画家は万能ペンであるGペンを使っている。

[続きを読む]

年末の荒修行「行者の火渡り」は熱くない

無病息災・身体健全を祈願して年末に行われる行事「行者の火渡り」は、行者にとって最も過酷な修行の一つとされている。炎の温度は800℃にまで達するが、実は火渡りは熱くないという。

[続きを読む]

ダウンは値段に関係なくランク付けされている

ダウンジャケットは5,000円代のものから40万円のものまで、その値段はピンキリである。

[続きを読む]

長嶋茂雄も愛用する16ヵ月待ちの万年筆がある

作っているのは鳥取県にある工房「万年筆博士」で、値段は1本50,000円(税別)のものから320,000円(税別)のものまである。

[続きを読む]

サンドウィッチ伯爵の子孫がサンドイッチ店を開いている

サンドイッチの発祥はイギリスで、貴族の第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギュー(1718~1792年)の名前に由来するとされている。

[続きを読む]

「鉄火巻き」の語源・由来

鉄火巻き(てっかまき)とは、江戸前寿司または海苔巻きの一種で、鮪(マグロ)の赤身におろしワサビを付けて芯にし、これを酢飯と海苔で巻いたもの。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加