記事一覧

「鮃」「平目」(ひらめ)の名前の由来

ヒラメは、カレイ目ヒラメ科に属する魚。広義には、ヒラメ科とダルマガレイ科に属する魚の総称。眼が体の左側であり、日本では「左ヒラメの右カレイ」といってカレイ類と区別する。

[続きを読む]

「鯱」(しゃち)の名前の由来

シャチは、クジラ目マイルカ科に属する哺乳類。体長は10mにもなり、非常に獰猛で、クジラも恐れるほど。そのため「海のジャング」とも呼ばれている。

[続きを読む]

「鮍」(かわはぎ)の名前の由来

カワハギは、フグ目カワハギ科に属する魚。全長は最大30cmほどで、体は菱形で上下に平たい。美味な食用魚でもある。

[続きを読む]

「山女」(やまめ)の名前の由来

ヤマメは、サケ目サケ科に属する魚であるサクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)の個体のこと。北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。

[続きを読む]

「鰙」「公魚」「若鷺」(わかさぎ)の名前の由来

ワカサギは、ニシン目キュウリウオ科に属する魚。汽水域にも淡水域にも棲み、凍結した湖で穴釣りが行われる。漢字は「鰙」のほかに「公魚」「若鷺」とも書く。

[続きを読む]

「ほっけ」の名前の由来

ホッケは、カサゴ目アイナメ科に属する魚。漢字は魚へんに花の「𩸽」と書く。北海道付近の寒い海に棲む魚で、秋・冬に岩礁に産卵する。鮮度が落ちるのが早いため、開いて干物などにするのが一般的である。

[続きを読む]

「鰊」「鯡」(にしん)の名前の由来

ニシンは、ニシン目ニシン科に属する魚。イワシに似ているが、イワシより平たい。春に産卵のために沿岸に来るので、「春告魚はるつげうお」という異名を持つ。

[続きを読む]

「鰯」(いわし)の名前の由来

イワシは、ニシン目の複数種に属する小魚の総称。日本で「イワシ」といえば、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシ計3種を指す。遊泳能力が高く、群れで行動する。

[続きを読む]

「鮟鱇」(あんこう)の名前の由来

アンコウは、アンコウ目アンコウ科に属する魚の総称。また、そのうち、主に食用にするアンコウ類のことを指し、アンコウやキアンコウなどがいる。

[続きを読む]

「鰤」(ぶり)の名前の由来

ブリは、スズキ目アジ科に分類される海水魚。北西太平洋に生息する回遊性の大型肉食魚である。また、大きさにより呼び名が変わる出世魚としても有名。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加