記事一覧

「鮟鱇」(あんこう)の名前の由来

アンコウは、アンコウ目アンコウ科に属する魚の総称。また、そのうち、主に食用にするアンコウ類のことを指し、アンコウやキアンコウなどがいる。

[続きを読む]

「鰤」(ぶり)の名前の由来

ブリは、スズキ目アジ科に分類される海水魚。北西太平洋に生息する回遊性の大型肉食魚である。また、大きさにより呼び名が変わる出世魚としても有名。

[続きを読む]

「鮭」(さけ)の名前の由来

サケは、サケ目サケ科に属する魚。川で生まれ、海で成長し、産卵のために故郷の川に戻ってくる習性がある。卵は筋子・イクラとして食べられる。

[続きを読む]

「鯨」(くじら)の名前の由来

クジラは、哺乳類のクジラ目に属する水生動物の総称である。その形態からハクジラとヒゲクジラに大別される。

[続きを読む]

「鯉」(こい)の名前の由来

コイは、コイ目コイ科に分類される魚で、流れが緩やかな川や池などに生息する淡水魚である。フナに似ているが、コイには二対のひげがある。

[続きを読む]

「鯛」(たい)の名前の由来

タイは、スズキ目タイ科の魚の総称だが、普通タイといえばマダイを指すことが多い。タイ科にはマダイの他に、クロダイ、キダイ、チダイなどが含まれる。

[続きを読む]

「鮎」「香魚」「年魚」(あゆ)の名前の由来

アユは、キュウリウオ目(またはサケ目)アユ科に属する魚で、川や海などを回遊する。

[続きを読む]

「鮹」(たこ)の名前の由来

タコは、タコ目に分類される動物の総称。海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。淡水に棲息する種は知られていない。マダコ、イイダコ、ミズダコなどがある。

[続きを読む]

「鯵」(あじ)の名前の由来

アジは、スズキ目アジ科に含まれる魚の総称で、日本ではその中の一種マアジを指すことが多い。世界各地の熱帯・温帯域で食用に漁獲されている。

[続きを読む]

「鰹」(かつお)の名前の由来

カツオは、スズキ目サバ科に属する魚の一種で、1種のみでカツオ属を構成する。刺身やたたきなどで食用にする他、鰹節の原料でもあり、日本の魚食文化とは古くから密接な関係がある。また、鰹の漁が盛んな地域では郷土料理として鰹料理が多い。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加