記事一覧

「鰻」(うなぎ)の名前の由来

ウナギは、ウナギ目ウナギ科ウナギ属に属する魚の総称である。世界中の熱帯から温帯にかけて分布するニホンウナギ・オオウナギ・ヨーロッパウナギ・アメリカウナギなど18種が属する。海で生まれ、淡水にさかのぼって成長する。

[続きを読む]

「鯑」「数の子」(かずのこ)の名前の由来

「鯑」(数の子)とは、ニシンの卵である。カズノコの粒の多さが子孫繁栄を連想させることから、正月のおせち料理など縁起物として用いられる。

[続きを読む]

「鯖」(さば)の名前の由来

鯖はスズキ目・サバ科のサバ属・グルクマ属・ニジョウサバ属に分類される魚の総称。日本近海では、マサバ・ゴマサバ・グルクマ・ニジョウサバの計4種が見られる。腹は銀白色、背は緑色で、「く」の字型の斑紋がある。

[続きを読む]

「鮪」(まぐろ)の名前の由来

訓読みでマグロ・シビ、音読みでユウ・イと読む。「鮪」の字は「魚」という意味のへんと、音読みのユウを表す「有」との組み合わせで成り立っている。

[続きを読む]

マスクメロンの「マスク」とは、ムスクのような香りのこと

全体に網目があるのが特徴で、高級なフルーツの代表格であるマスクメロン。「マスク」は網目がマスク(mask=仮面)をかぶっているように見えるから付けられたわけではない。

[続きを読む]

「甲子園」の地名の由来

「甲子園」は、兵庫県西宮市南東部にある地域名で、阪神甲子園球場があり、阪神タイガースの本拠地・高校野球のメッカとしても知られている。

[続きを読む]

「東京湾アクアライン」「海ほたる」の名前の由来

「東京湾アクアライン」が開通したのは1997年(平成9年)12月18日のこと。神奈川県川崎市と千葉県木更津市を東京湾を横断して結ぶ高速道路で、長さは15.1km。途中には人工島の休憩施設「海ほたる」がある。

[続きを読む]

1つの都市に東西南北の駅がある:浦和地区

東西南北の駅があるのは、埼玉県の県庁所在地・さいたま市の「浦和地区」である。

[続きを読む]

日本で一番長い駅名・短い駅名

鉄道の駅は全国に9000近くもある。その中には長い駅名から短い駅名まである。

[続きを読む]

メトロ都市・東京にも地下鉄の走っていない区がある

東京を走る地下鉄は、クモの巣のように張り巡らされ、県境を越えて千葉県にまで路線を伸ばしている。それにもかかわらず、東京23区で地下鉄の走っていない区がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加