記事一覧

〔オリンピック〕五輪初出場のプラカードは「NIPPON」

日本のオリンピック参加は1912年(明治45年)の第5回ストックホルム大会(スウェーデン)が最初であった。

[続きを読む]

東京の池上本門寺の仁王象のモデルはアントニオ猪木

お寺の表門などでみかける仁王様は金剛力士といい、もとは古代インドの神様だった。鎌倉時代につくられた奈良の東大寺南大門の仁王像が特に有名。

[続きを読む]

〔オリンピック〕世界最速ベン・ジョンソンのドーピング事件

ベン・ジョンソンは1961年12月30日生まれのジャマイカ出身で、少年時代にカナダに移民し、陸上競技のトレーニングを始めた。

[続きを読む]

〔オリンピック〕第1回アテネ大会の競泳は海で行われていた

現在ではオリンピックの水泳競技は屋内プールで実施されるが、最初の頃は海や川で実施されていた。

[続きを読む]

「関口」の地名の由来

東京都文京区にある「関口せきぐち」は文京区の南西に位置し、北側を目白台音羽水道と接し、南側は新宿区と接する。

[続きを読む]

「水道」の地名の由来

東京都文京区にある「水道すいどう」は文京区の南に位置し、東西に細長い町域を持つ。北側を音羽小日向春日と、南側を関口後楽と接する。

[続きを読む]

「小日向」の地名の由来

東京都文京区にある「小日向こひなた」は北側を音羽大塚小石川と、南側を春日水道と接する。

[続きを読む]

「小石川」の地名の由来

東京都文京区にある「小石川こいしかわ」は文京区の中央に位置し、北側を大塚千石白山と、南側を西片本郷春日小日向と接する。

[続きを読む]

「目白台」の地名の由来

東京都文京区にある「目白台めじろだい」は文京区の西に位置し、東を音羽、南を関口、北を豊島区雑司が谷と接する。

[続きを読む]

「西片」の地名の由来

東京都文京区にある「西片にしかた」は北西を白山、北東を向丘、東を弥生、南を本郷と接する。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加