記事一覧

緑色を見続けても視力は回復しない

「緑色を見続けると視力が回復する」という情報もあるが、これは誤解である。

[続きを読む]

毛ガニより毛深い「ケブカガニ」がいる

ケブカガニ科のケブカガニは、毛ガニよりも体が小さいが、体全体が毛深くフサフサしている。

[続きを読む]

子どもにお仕置きをする黒いサンタクロースもいる

サンタクロースの文化が生まれたヨーロッパ各地では、古くからお仕置きをする黒いサンタクロースもいる。

[続きを読む]

遺灰を宇宙にまく「宇宙葬」がある

現在、生前に星が好きだった人のために、遺灰を宇宙にまく「宇宙葬」(スペースメモリアル)のサービスが株式会社銀河ステージにより行われている。

[続きを読む]

「今年の漢字」に「金」が3度選ばれた

毎年12月に京都・清水寺で発表される「今年の漢字」。その年の世相を反映した漢字一文字を日本漢字能力検定協会(漢検)が選び、巨大な筆で描く行事で、1995年(平成7年)から実施されていて、年末の風物詩となっている。

[続きを読む]

子どもの将来の収入を左右するのは自制心と忍耐力

高校生活で身に付く収入に影響を与える能力として経済学者がたどり着いた答えが「非認知能力」と呼ばれる能力である。

[続きを読む]

スケート靴は長野県諏訪湖が発祥

外国のスケート靴を模して作ったのが、下駄に刃(ブレード)を取り付けた「下駄スケート」であった。

[続きを読む]

畳を見ればその部屋の主の身分が分かる

かつては天皇・皇族・貴族・庶民など身分によって違う畳が使われていた。見るべきポイントは畳の縁(へり)で、畳の縁には色や柄に種類があり、使う人の身分が決められていた。

[続きを読む]

徳川家茂は甘いものが好物で難病の脚気になった

第14代将軍・徳川家茂(とくがわ いえもち)は幼少期は慶福(よしとみ)と名乗っていたが、13歳の若さで将軍になった際に家茂と改名した。

[続きを読む]

水族館にイカが少ない理由

水族館にはたくさんの種類の魚がいるが、イカの展示はあまりない。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加