記事一覧

「新井」の地名の由来

東京都中野区にある「新井」は中野区の北部寄りに位置し、主に住宅地である。早稲田通り沿いは中野駅から徒歩10分程度で、西部の新井三丁目、四丁目方面は沼袋駅のほうが近い。北西部に平和の森公園(旧:中野刑務所)がある。

[続きを読む]

東京市35区の旧区名と現在の東京23区の比較一覧

東京市35区の旧区名と現在の東京23区の一覧。東京23区になった経緯と理由については東京23区になった経緯と理由を参照。

[続きを読む]

東京23区になった経緯と理由

東京23区は最初から23区だったわけではなく、何度かの編制が行われていて、最初は15区、その後35区、そして現在の23区となった。東京都が23区になった経緯とその理由を確認してみる。

[続きを読む]

「松濤」の地名の由来

東京都渋谷区にある「松濤しょうとう」は渋谷区の南西部に位置し町域の多くは住宅地で、東京都心を代表する高級住宅地のひとつとしても知られている。

[続きを読む]

「太子堂」の地名の由来

東京都世田谷区にある「太子堂たいしどう」は世田谷区の央部やや北東に位置し、複合ビル・キャロットタワーがあり、三茶(三軒茶屋)地域の中心となっている。駅は東急の三軒茶屋駅と西太子堂駅がある。

[続きを読む]

「蒲田」の地名の由来

東京都大田区にある「蒲田」は町名として存在するが、JR蒲田駅や京急蒲田駅を中心とした地域地名としても使用される。駅周辺は繁華街となっているが、商業地を抜けると高校や専門学校、大学なども多く、駅周辺とは異なり閑静で緑地が多い。大田区役所がある。

[続きを読む]

「祐天寺」の地名の由来

東京都目黒区にある「祐天寺ゆうてんじ」は目黒区中部に位置し、東急東横線の駅があり、主に住宅地である。

[続きを読む]

「戸越」の地名の由来

東京都品川区にある「戸越」は「とごし」と読み、品川区の中部に位置する。町域の西部に国道1号(第二京浜)が南北に走り、戸越駅近くに戸越銀座商店街があり人で賑わっている。

[続きを読む]

「深川」の地名の由来

東京都江東区にある「深川」は江東区の西側に位置し、深川地域に属する。かつて深川区として江東区の北西部を占めていたため、この地域を総称して「深川」と呼ぶことも多い。深川地域には清澄・白河・門前仲町・木場などが含まれる。

[続きを読む]

「業平」の地名の由来

東京都墨田区にある「業平」は墨田区の中央部に位置し、押上との隣接地に東京スカイツリー(所在地は押上)ができたことで有名となった。東京スカイツリータウンの開業に伴い、業平橋駅はとうきょうスカイツリー駅へと改称された。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加