記事一覧

「猿楽町」の地名の由来

東京都千代田区にある「猿楽町さるがくちょう」は千代田区の北部に位置し、駿河台するがだいの崖下に位置する。商業地域でビルや商店のほか、大学や高等学校、専門学校などの教育施設も多く見られる。渋谷区にも同名の「猿楽町」が存在する。

[続きを読む]

「宇喜田町」の地名の由来

東京都江戸川区にある「宇喜田町うきたちょう」は江戸川区の南西部、葛西地域の北端部に位置し、町域の北端に新川が流れている。大型の団地はないが、一戸建ての住宅が密集している。

[続きを読む]

「立石」の地名の由来

東京都葛飾区にある「立石たていし」は葛飾区の中西部、中川の西岸に位置する。町内には京成押上線「京成立石駅」があり、駅前には商店街やイトーヨーカドー立石店などのスーパーがある。また町域の北部に葛飾区役所がある。

[続きを読む]

「竹の塚」の地名の由来

東京都足立区にある「竹の塚たけのつか」は足立区北部に位置し、「たけのづか」とも読む。東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の駅名は「竹ノ塚駅たけのつかえき」であり、駅周辺には公団住宅や都営住宅が多数立ち並び、住宅地として発展した。

[続きを読む]

「早宮」の地名の由来

東京都練馬区にある「早宮はやみや」は練馬区の東北部に位置し、町域の北部に平和台駅、東部には氷川台駅(所在地は練馬区氷川台)がある。南部には石神井川が流れ、今上きんじょう天皇の誕生を祝って植樹された桜の並木が続く。

[続きを読む]

「常盤台」の地名の由来

東京都板橋区にある「常盤台ときわだい」は板橋区南部のほぼ中央に位置し、ときわ台駅の北側に位置する。駅の南側は「南常盤台」にあたる。石神井川の桜並木で知られている。

[続きを読む]

「町屋」の地名の由来

東京都荒川区にある「町屋まちや」は荒川区の中央北部に位置し、下町の町並みが残る。町域内には商店街や町工場、住宅がひしめき合った混合密集市街を形成しており、これが町屋全体の防災の大きな課題にもなっている。

[続きを読む]

「王子」の地名の由来

東京都北区にある「王子おうじ」は北区の中央部に位置し、JR京浜東北線が走り、その駅「王子駅」がある。駅から北本通り沿いは王子随一の繁華街である。

[続きを読む]

「駒込」の地名の由来

東京都豊島区にある「駒込こまごめ」は豊島区の北部・駒込台地に位置し、JR山手線の駅がある。六義園りくぎえんや旧古川庭園などの名所があり、散策コースとして人気。

[続きを読む]

「松庵」の地名の由来

東京都杉並区にある「松庵しょうあん」は杉並区の西南部に位置し、主に住宅地である。北端にはJR中央線の西荻窪駅がある。かつて松庵川が流れていたが、現在は暗渠化あんきょか(河川を地中に埋設すること)されている。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加