記事一覧

「鍛冶町」の地名の由来

東京都千代田区にある「鍛冶町かじちょう」は千代田区の北東部に位置し、「鍛冶町」と隣町の「神田鍛冶町」がある。西部は内神田と接する。神田駅傍の商業地域であり、オフィスビルや商店が多く見られる。

[続きを読む]

「駿河台」の地名の由来

東京都千代田区にある「駿河台するがだい」は正式な町名として「神田駿河台」となる。千代田区神田地域の北部に位置し、文京区(本郷湯島)との区境にあたる。

[続きを読む]

「神保町」の地名の由来

東京都千代田区にある「神保町じんぼうちょう」は正式な町名として「神田神保町」となる。千代田区の北部に位置し、神田地域に属する。北東は「猿楽町」と西は「九段」と隣接する。

[続きを読む]

「大手町」の地名の由来

東京都千代田区にある「大手町おおてまち」は中央区(八重洲・日本橋本石町)との区境にあたる。日本経済の中心地として、南に隣接する「丸の内」とともに日本屈指のオフィス街を形成している。

[続きを読む]

「霞が関」の地名の由来

東京都千代田区にある「霞が関かすみがせき」は千代田区の南部に位置し、日本の行政機関の庁舎が建ち並んでいることで知られる。隣接する「永田町」とともに日本の国家機能の中枢である。

[続きを読む]

「半蔵門」の地名の由来

東京都千代田区にある「半蔵門はんぞうもん」は江戸城(現在の皇居)にある門の1つで、城の西端に位置し、大手門とは正反対にあたる。半蔵門・半蔵門駅周辺の呼称であるが、現在、町名にはなっていない。

[続きを読む]

「丸の内」の地名の由来

東京都千代田区にある「丸の内まるのうち」は皇居外苑と東京駅に挟まれた地区のことをいい、町名としても存在する。東京駅の西側を丸の内口といい、東側を八重洲口という。丸の内ビルディング、新丸の内ビルディング、三菱東京UFJ銀行本店ビルなど大手銀行や大企業のビルが建ち並び、日本の金融・経済の中心地のひとつとなっている。

[続きを読む]

東京はかつて「水の都」であった

東京はかつて「水の都」と称されるほど河川に恵まれた土地であった。しかし、戦後の開発における埋め立てなどで、その面影は消えてしまった。

[続きを読む]

セダン、クーペ、バン、ワゴンの意味と語源

セダン、クーペ、バン、ワゴンは車のボディ形状をあらわす言葉だがその意味と語源は何だろうか。

[続きを読む]

関東と関西で電気の周波数が違う理由

日本では関東が50ヘルツ、関西では60ヘルツと電気の周波数が分かれている。これはなぜだろうか。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加