記事一覧

「田端」の地名の由来

東京都北区にある「田端」はJR山手線の駅があり、かつての田端村は崖地の上側にあり、その西側の現在の田端駅がある場所は崖地の下側に当たる。2008年(平成20年)、田端駅に駅ビル「アトレヴィ田端」が完成した。

[続きを読む]

「池袋」の地名の由来

東京都豊島区にある「池袋」はJR山手線の駅があり、新宿、渋谷と並ぶ山の手エリア3大副都心の一つ。池袋駅を中心に繁華街が広がり、百貨店や専門店、飲食店のビルが立ち並ぶ。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)で新宿駅に次いで世界第2位。

[続きを読む]

「恵比寿」の地名の由来

東京都渋谷区にある「恵比寿」はJR山手線の駅があり、サッポロビールのビール工場があった場所。現在では恵比寿ガーデンプレイスがあり、おしゃれな町、住みたい町として人気が高い。

[続きを読む]

「三軒茶屋」の地名の由来

東京都世田谷区にある「三軒茶屋」の読みは「さんげんぢゃや」で、おしゃれな住宅街のイメージが強く、吉祥寺や自由が丘と同様に「住みたい街ランキング」などに名を連ねる人気の高い町。

[続きを読む]

「荻窪」の地名の由来

東京都杉並区にある「荻窪」はJR中央本線の駅名でも知られ、「荻」の名の付く町名には荻窪、南荻窪、上荻、西荻北、西荻南の5つがあり、これらの地域を総称して「荻窪」ともいう。関東大震災以後、都心から多くの人が移り住むようになり、街は発展した。

[続きを読む]

「木場」の地名の由来

東京都江東区にある「木場」にはオフィスビルを中心とした複合施設「深川ギャザリア」やイトーヨーカドー木場店がある。2010年4月に完成した深川ギャザリアには、りそなホールディングス、りそな銀行の東京本部が移転している。

[続きを読む]

「江古田」の地名の由来

東京都中野区にある「江古田」は「えごた」と読み、多くの住宅地からなる。以前、結核患者の隔離病棟を備えた国立療養所中野病院があったが、1993年に新宿区の国立国際医療センターへ統合、移転し、現在跡地は「江古田の森公園」や福祉保健施設・公務員宿舎になっている。

[続きを読む]

「日暮里」の地名の由来

東京都荒川区にある「日暮里」は荒川区の南西部に位置し、JR山手線の駅名でも知られている。町工場、商店街、住宅が混在して密集する地域であり、駄菓子屋などがあり下町情緒あふれる町。また、近年では日暮里・舎人ライナーも開通し、北関東から都心への玄関口として発達している。

[続きを読む]

「石神井」の地名の由来

東京都練馬区にある「石神井」は「しゃくじい」と読み、練馬区の南西部に位置する地区で、区民の憩いの場である、石神井公園があることでも知られている。読み方において「神」の「ん」は省略されている。

[続きを読む]

「五反田」の地名の由来

東京都品川区にある「五反田」はJR山手線の駅名でも知られ、特に西五反田方面はオフィス街、繁華街がある。TOC(東京卸売りセンター)ビルがあり、TOCやポーラ、学研ホールディングスなど企業本社も多い。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加