黒鉛筆が六角形で色鉛筆が丸い理由

普通の黒鉛筆は六角形だが、色鉛筆は丸い(円形)ものが多い。これはなぜだろうか?

黒鉛筆が六角形の理由

黒鉛筆が六角形なのは、握りやすいため。親指、人差し指、中指の3本の指で支えたとき、3の倍数でもある六角形が手に馴染む。また、転がりにくく机からの落下防止にもなっている。

色鉛筆が円形の理由

色鉛筆が円形なのは、芯が黒鉛筆よりやわらかくて折れやすいため。六角形の場合、握ったときに力が一点に集中してしまうが、円形だと芯の周りに同じ厚さの木があるため芯にかかる力が均一になり折れにくいのだ。 また、黒鉛筆は文字を書くことが主でずっと同じ持ち方をするが、色鉛筆は絵を描くときにも使用し、様々な持ち方をするため円形のほうが使いやすいという理由もある。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事