「秋葉原」の地名の由来

東京都台東区にある「秋葉原」は秋葉原駅周辺を指す地域名であり、町名としても存在する。現在では電気街、サブカルチャーの街として世界的にも有名となり、アキバの略称でも呼ばれている。電気店、音楽店、ホビーショップなどの店が多く建ち並ぶ。

秋葉神社と秋葉原駅

1869年(明治2年)の大火の後、明治政府は広い火除地ひよけちを確保し、その中心に鎮火神社を建てた。人々は江戸時代に火防ひぶせの神として信仰を集めていた秋葉権現あきはごんげん勧請かんじょうされたものと思い、鎮火神社(秋葉神社)の周りの広い原を「あきばのはら」「あきばがはら」「あきばっぱら」と呼ぶようになったといわれている。

1888年(明治21年)、この地に鉄道が敷かれるのに伴い、秋葉神社は現在の台東区松が谷3丁目に移転し、新しくできた駅を秋葉原あきはばら駅と命名したことで、後に地名の読みも「あきはばら」となった。


大きな地図で見る

「秋葉原」のデータ

人口67 人(2012年12月1日時点)
郵便番号110-0006
区域秋葉原のみ
JR山手線・JR京浜東北線・JR総武線・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「秋葉原駅」
※所在地は外神田など別の町

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「台東区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事