「浜松町」の地名の由来

東京都港区にある「浜松町」は港区の北東部に位置し、JR山手線の駅がある。浜松町駅・大門駅を中心にビジネス街として発展し、商業ビルがほとんどで、その中にわずかに住宅が存在する。

名主の出身に因んで

1696年(元禄9年)、遠江国(静岡県)浜松出身の権兵衛がこの地の名主役を勤めたことに由来する。権兵衛の前は増上寺の代官である奥住久右衛門が名主役を勤めていて、この時は久右衛門町という名前だった。


大きな地図で見る

「浜松町」のデータ

人口1,741 人(2012年12月1日時点)
郵便番号105-0013、105-6101~105-6190
区域一丁目、二丁目
JR山手線・JR京浜東北線・東京モノレール「浜松町駅」、
都営地下鉄浅草線・都営地下鉄大江戸線「大門駅」
※JR浜松町駅の所在地は港区海岸

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「港区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事