「田端」の地名の由来

東京都北区にある「田端」はJR山手線の駅があり、かつての田端村は崖地の上側にあり、その西側の現在の田端駅がある場所は崖地の下側に当たる。2008年(平成20年)、田端駅に駅ビル「アトレヴィ田端」が完成した。

「田の端」にあった町

町名の名前の通り、「田の端」に集落があったことに由来する説が有力である。「田畑」と記載された史料も多く、この地域に田や畑が多かったことに由来する説などもある。「田端」の名が付く町名には「田端」の他に、JR田端駅の所在地である「東田端」と「田端新町」がある。


大きな地図で見る

「田端」のデータ

人口13,240 人(2012年12月1日時点)
郵便番号114-0014
区域一丁目~六丁目
なし

「東田端」のデータ

人口3,097 人(2012年12月1日時点)
郵便番号114-0013
区域一丁目、二丁目
JR山手線・JR京浜東北線「田端駅」

「田端新町」のデータ

人口7,500 人(2012年12月1日時点)
郵便番号114-0012
区域一丁目~三丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「北区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事