「目黒」の地名の由来

東京都目黒区にある「目黒」は区名でもあり、地域名として使用されることが多いが、町名としても存在する。JR山手線の駅があり、目黒川が北西から南東に向かって流れており、川をはさんで深い谷がある。一丁目の高台は高級住宅街で、マンションが建ち並ぶ。

目黒不動尊に由来する

五色ごしき不動のひとつ「目黒不動尊」(天台宗瀧泉寺)の名前に由来するという説や、馬と畦道あぜみち(水田と水田の境の細い道)を意味する「馬畦めくろ」に由来する説などがある。「目黒」の名が付く町名は「目黒」の他に、「上目黒」、「中目黒」、「下目黒」、「目黒本町」がある。目黒不動尊があるのは下目黒になる。また、目黒駅前の商店街で毎年9月に行われる「目黒のさんま祭り」は、東京の初秋の風物詩となっている。


大きな地図で見る

「目黒」のデータ

人口12,494 人(2012年12月1日時点)
郵便番号153-0063
区域一丁目~四丁目
JR山手線・東急目黒線・都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「目黒駅」
※所在地は品川区上大崎

「上目黒」のデータ

人口18,810 人(2012年12月1日時点)
郵便番号153-0051
区域一丁目~五丁目
なし

「中目黒」のデータ

人口14,129 人(2012年12月1日時点)
郵便番号153-0061
区域一丁目~五丁目
東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」

「下目黒」のデータ

人口18,779 人(2012年12月1日時点)
郵便番号153-0064
区域一丁目~六丁目
なし

「目黒本町」のデータ

人口22,940 人(2012年12月1日時点)
郵便番号152-0002
区域一丁目~六丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「目黒区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事