「押上」の地名の由来

東京都墨田区にある「押上」は2012年に完成した東京スカイツリーがある場所として知られている。東京スカイツリーの高さは武蔵の語呂合わせでもある634mで、自立式電波塔としては世界一の高さとなった。

土砂が押し上げられて陸地に

地名の由来は明らかではないが、川が作った土砂が少しずつ堆積し、げられて陸地化したことに由来するといわれている。かつては押上村という農地であったが、現在では東京スカイツリーと東京ソラマチなどの周辺施設を含んだ東京スカイツリータウンの開業もあり、町は大きく発展している。


大きな地図で見る

「押上」のデータ

人口9,999 人(2012年10月1日時点)
郵便番号131-0045
区域一丁目~三丁目
都営地下鉄浅草線・京成押上線・東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「押上駅」(スカイツリー前)、
伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「とうきょうスカイツリー駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「墨田区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事