「赤羽」の地名の由来

東京都北区にある「赤羽」は北区の北端部に位置し、北の荒川を挟んた対岸は埼玉県川口市となる。赤羽地域にはJR赤羽駅・東京メトロ赤羽岩淵駅があり、交通の便もよく、北区の交通・商業の中心地であるとともに、埼玉県と隣接することから東京の北の玄関口でもある。

赤色の粘土・赤埴に由来する

この地は関東ローム層で箱根・富士・赤城・浅間山などの火山から噴き出した溶岩や火山灰が積もり、粘土化した地層である。その赤色の粘土は赤埴あかはにと呼ばれ、これが転じて赤羽根あかはねとなり、赤羽あかばねになったといわれている。関西などにも粘土層はあるが、関東のような赤色ではない。「赤羽」の名が付く町名には「赤羽」の他に、「赤羽台」、「赤羽北」、「赤羽南」、「赤羽西」がある。


大きな地図で見る

「赤羽」のデータ

人口10,381 人(2013年1月1日時点)
郵便番号115-0045
区域一丁目~三丁目
JR京浜東北線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン・JR宇都宮線「赤羽駅」、
東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道線「赤羽岩淵駅」

「赤羽台」のデータ

人口9,101 人(2013年1月1日時点)
郵便番号115-0053
区域一丁目~四丁目
なし

「赤羽北」のデータ

人口14,792 人(2013年1月1日時点)
郵便番号115-0052
区域一丁目~三丁目
JR埼京線「北赤羽駅」

「赤羽南」のデータ

人口4,544 人(2013年1月1日時点)
郵便番号115-0044
区域一丁目、二丁目
なし

「赤羽西」のデータ

人口16,261 人(2013年1月1日時点)
郵便番号115-0055
区域一丁目~六丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「北区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事