「足立」の地名の由来

東京都足立区にある「足立」は区名にもなっているが、町名としても存在する。足立区の南部で荒川の北に位置し、綾瀬地域に属する。

葦の生えていた場所

この一帯に葦(アシ)が多く生えていたので「葦立ち」と呼ばれ、これが転じたという説がある。「足立」の地名が最初に確認できるのは、奈良時代の735年(天平7年)の木簡で、武蔵国足立郡に由来する。歴史的にも古い地名であるが、町名が成立したのは1960年(昭和35年)の住居表示の際で意外と新しい。


大きな地図で見る

「足立」のデータ

人口13,332 人(2013年1月1日時点)
郵便番号120-0015
区域一丁目~四丁目
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「五反野駅」「小菅駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「足立区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事