「お花茶屋」の地名の由来

東京都葛飾区にある「お花茶屋」は葛飾区の中部に位置し、お花茶屋駅(所在地は葛飾区宝町)の北側に広がる。駅前には商店街があり、その中に私立共栄学園がある。

お花がいた茶屋に由来する

かつてこの地にお花茶屋という茶屋があったことに由来する。江戸時代、徳川八代将軍吉宗がこの地で鷹狩りを行ったところ、途中で腹痛を起こし、付近の茶屋の娘・お花が手厚く看病したことで病気は全快。将軍家から「お花茶屋」の名称を賜ったという。


大きな地図で見る

「お花茶屋」のデータ

人口6,558 人(2013年1月1日時点)
郵便番号124-0003
区域一丁目~三丁目
京成本線「お花茶屋駅」
※所在地は葛飾区宝町

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「葛飾区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事