「月島」の地名の由来

東京都中央区にある「月島」は明治期から現在までの町名で、もんじゃで有名。1892年(明治25年)、東京湾澪浚みおさらい計画に基づき、東京湾の浚渫しゅんせつ工事で出た大量の土砂を利用して埋め立てられた人口の島。

綺麗な月が見える場所

元は埋め立てられた島という意味の「築島つきしま」と呼ばれていたが、「月の岬」という綺麗な月が見える名所に由来して「月島」となった。近年では高層マンションが建ち、綺麗な夜景が見える隠れた名所となっている。


大きな地図で見る

「月島」のデータ

人口12,750 人(2013年1月1日時点)
郵便番号104-0052
区域一丁目~四丁目
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線「月島駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「中央区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事