「白山」の地名の由来

東京都文京区にある「白山」は「はくさん」と読み、白山駅周辺に商業地があり、その他は主に住宅地である。東洋大学 白山キャンパスなど教育施設が多い。

白山神社に由来する

徳川五代将軍綱吉が屋敷を設けた白山神社に由来する。この神社は948年(天暦2年)、加賀国の白山比咩しらやまひめ神社から勧請を受けて、武蔵国豊島郡本郷元町(現在の本郷1丁目)に創建された。江戸時代、五代将軍綱吉とその母・桂昌院けいしょういんによる厚い保護を受け、歴代の将軍家が参拝に訪れた。現在、神社は白山五丁目に移されている。


大きな地図で見る

「白山」のデータ

人口17,489 人(2013年1月1日時点)
郵便番号113-0001、112-0001
区域一丁目~五丁目
都営地下鉄三田線「白山駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「文京区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事