「雷門」の地名の由来

東京都台東区にある「雷門」は浅草寺の正門で正式名称・風神雷神門(通称:雷門)がある場所を中心とした町。門に向かって、右側に風神、左側に雷神が配置されている。

門の名前に由来する

町名もこの門の名前に由来する。度重なる区画整理で町の規模は縮小し、門自体の住所は浅草一丁目となっている。雷門は1635年(寛永12年)に建立後、火災により三度消失しており、現在の門は1960年(昭和35年)に建立されたものである。


大きな地図で見る

「雷門」のデータ

人口2,809 人(2012年12月1日時点)
郵便番号111-0034
区域一丁目、二丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「台東区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事