東京23区になった経緯と理由

東京23区は最初から23区だったわけではなく、何度かの編制が行われていて、最初は15区、その後35区、そして現在の23区となった。東京都が23区になった経緯とその理由を確認してみる。

朱引内が東京府

東京23区はおおよそ江戸時代の城下町にあたるエリアに相当する。1818年(文政元年)、江戸図に朱色の線を引き、城下町の範囲を定めたものが朱引内しゅびきない御府内ごふないともいう)で、この朱引の内側が1868年(明治元年)、東京府となった。

15区の東京市に

1878年(明治11年)、郡区町村編制法が制定され、東京府は麹町、神田、日本橋、京橋、芝、麻布、赤坂、四谷、牛込、小石川、本郷、下谷、浅草、本所、深川の15区に分けられた。1888年(明治21年)、市制・町村制が制定され、翌年の1889年(明治22年)に15区を市域とする東京市が誕生した。

35区の大東京市に

その後、市街地の過密化が進み、都市計画の充実をはかるため、1932年(昭和7年)、東京市に隣接する6郡(荏原郡、豊多摩郡、北豊島郡、南足立郡、南葛飾郡)82町村が合併して、東京市に編入された。これに伴い20区を新設し、35区の東京市となった。新たに追加された20区は品川、目黒、荏原、大森、蒲田、世田谷、渋谷、淀橋、中野、杉並、豊島、滝野川、荒川、王子、板橋、足立、城東、向島、葛飾、江戸川である。

35区から23区に

戦後の1947年(昭和22)3月には、35区から22区に統合され、同年8月に広大だった板橋区のエリアを板橋区と練馬区に分けて、現在の23区となった。東京の都心を占める15区はマッカーサーの指令のもと、戦争で弱体化した各区の財政力を強化するため、すべて統合され、区名も大きく変わっている。変更内容については東京市35区の旧区名と現在の東京23区の比較一覧を参照。


大きな地図で見る

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「東京の地名の由来」「地理・地名

関連記事