「王子」の地名の由来

東京都北区にある「王子おうじ」は北区の中央部に位置し、JR京浜東北線が走り、その駅「王子駅」がある。駅から北本通り沿いは王子随一の繁華街である。

若一王子を祀った場所

かつては岸村と呼ばれていたが、紀伊国牟婁郡きいのくにむろのこおり(和歌山県)の熊野本宮大社くまのほんぐうたいしゃ若一にゃくいち王子を分霊して、現在の王子神社(王子本町1丁目)に祀ったことで王子村に改称された。ただし、祀ったのは王子ではなく熊野別宮という説や熊野権現という説もある。日本を代表する製紙会社である王子製紙は創業したこの地の地名を社名としている。「王子」の名が付く町名には「王子」と「王子本町」がある。


大きな地図で見る

「王子」のデータ

人口19,615 人(2013年1月1日時点)
郵便番号114-0002
区域一丁目~六丁目
JR京浜東北線・東京メトロ南北線・都電荒川線「王子駅」

「王子本町」のデータ

人口4,935 人(2013年1月1日時点)
郵便番号114-0022
区域一丁目~三丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「北区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事