「早宮」の地名の由来

東京都練馬区にある「早宮はやみや」は練馬区の東北部に位置し、町域の北部に平和台駅、東部には氷川台駅(所在地は練馬区氷川台)がある。南部には石神井川が流れ、今上きんじょう天皇の誕生を祝って植樹された桜の並木が続く。

早淵と宮ヶ谷戸の合成地名

かつて仲町の一部であったが、1965年(昭和40年)の新住居表示で誕生した地名。その地名はこの地域の古い地名である早淵はやぶちの「早」と、宮ヶ谷戸みやがいとの「宮」をとった合成地名である。新地名を決める際には住民のアンケートがとられ、回答数の多かった桜川(この地を流れる石神井川の桜に因む)や開進(この地にある開進第一小学校に因む)などの候補もあったが、すでに町名として存在するなどの理由で、「早宮」が採用された。


大きな地図で見る

「早宮」のデータ

人口18,485 人(2013年1月1日時点)
郵便番号179-0085
区域一丁目~四丁目
東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線「平和台駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「練馬区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事