「竹の塚」の地名の由来

東京都足立区にある「竹の塚たけのつか」は足立区北部に位置し、「たけのづか」とも読む。東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の駅名は「竹ノ塚駅たけのつかえき」であり、駅周辺には公団住宅や都営住宅が多数立ち並び、住宅地として発展した。

高台にある古墳に由来する

この地から多数の古墳(塚)が発掘され、それが高台に位置していたことから「タケノツカ」(高い塚)に由来するといわれている。竹ノ塚駅近くにある白旗塚史跡公園もそのひとつである。1062年(康平5年)、源頼義・義家親子が奥州反乱を鎮圧する途上の戦いで、この塚に源氏の旗である白旗を立てて戦い、勝利をおさめたという。「竹の塚」の名が付く町名には「竹の塚」と「西竹の塚」がある。


大きな地図で見る

「竹の塚」のデータ

人口18,907 人(2013年1月1日時点)
郵便番号121-0813
区域一丁目~七丁目
東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)「竹ノ塚駅」

「西竹の塚」のデータ

人口3,121 人(2013年1月1日時点)
郵便番号121-0822
区域一丁目、二丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「足立区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事