「立石」の地名の由来

東京都葛飾区にある「立石たていし」は葛飾区の中西部、中川の西岸に位置する。町内には京成押上線「京成立石駅」があり、駅前には商店街やイトーヨーカドー立石店などのスーパーがある。また町域の北部に葛飾区役所がある。

道しるべにもなった立石様に由来する

この地にある奇石「立石様」という石が祀られていることに由来する。「活蘇石」あついは「根有り石」と呼ばれ、江戸近郊の名所のひとつであった。古墳時代に古墳の石室などと同様に千葉県鋸山付近より持ち込まれたと推定されている。奈良・平安時代には立石付近を横断していた古代の東海道(墨田から小岩方面へ向かう道)の道しるべとして重宝された。このように道しるべに使用される石を立石といい、現在は立石八丁目の児童遊園の敷地内に祀られている。「立石」の名が付く町名には「立石」と「東立石」がある。


大きな地図で見る

「立石」のデータ

人口22,723 人(2013年1月1日時点)
郵便番号124-0012
区域一丁目~八丁目
京成押上線「京成立石駅」

「東立石」のデータ

人口11,300 人(2013年1月1日時点)
郵便番号124-0013
区域一丁目~四丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「葛飾区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事