「猿楽町」の地名の由来

東京都千代田区にある「猿楽町さるがくちょう」は千代田区の北部に位置し、駿河台するがだいの崖下に位置する。商業地域でビルや商店のほか、大学や高等学校、専門学校などの教育施設も多く見られる。渋谷区にも同名の「猿楽町」が存在する。

猿楽が行われていた場所

かつてこの地で猿楽が盛んに行われていたことに由来する。猿楽とは平安時代に成立した日本の伝統芸能で、能は江戸時代まで猿楽と呼ばれていた。この地に猿楽師の観世太夫かんぜたゆうの屋敷があり、一座の者も何人か住んでいたので「猿楽町」と呼ばれるようになったという。江戸時代になるとこの地は武家地であり、1872年(明治5年)に「猿楽町」という町名が誕生した。


大きな地図で見る

「猿楽町」のデータ

人口732 人(2013年1月1日時点)
郵便番号101-0064
区域一丁目、二丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「千代田区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事