「鍛冶町」の地名の由来

東京都千代田区にある「鍛冶町かじちょう」は千代田区の北東部に位置し、「鍛冶町」と隣町の「神田鍛冶町」がある。西部は内神田と接する。神田駅傍の商業地域であり、オフィスビルや商店が多く見られる。

鍛冶方の屋敷があったことに由来する

幕府の鍛冶方棟梁・高井伊織の拝領屋敷があったことに由来する。1603年(慶長8年)の町割の際に「鍛冶町」が誕生した。1824年(文政7年)には、刃物や釘などの卸売業者がおり、戦後復興期には、家庭金物店、建築金物店などで「神田金物通り」として賑わっていた。鍛冶町一丁目にはかつて今川橋があり、「今川焼き」の発祥の地である。


大きな地図で見る

「鍛冶町」のデータ

人口306 人(2012年12月1日時点)
郵便番号101-0044
区域一丁目、二丁目
JR山手線・JR京浜東北線・JR中央線「神田駅」

「神田鍛冶町」のデータ

人口96人(2012年12月1日時点)
郵便番号101-0045
区域神田鍛冶町三丁目のみ
※一丁目、二丁目は「神田」の付かない「鍛冶町」
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「千代田区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事