「兜町」の地名の由来

東京都中央区にある「兜町かぶとちょう」は正式には「日本橋兜町」で、旧日本橋区の地域内に位置し、日本橋地域の南部に位置する。

兜塚に由来する

かつて町内の兜神社の境内に兜塚があったことに由来する。この塚は源義家が奥州征伐から凱旋した際、自身の兜を納めて平和を願った場所といわれている。他にも、俵藤太たわらのとうたが平将門を打ち勝った際、将門の兜を埋めた場所ともいわれている。1878年(明治11年)、東京株式取引所(現:東京証券取引所)が設立され、日本の証券取引の中心となっている。


大きな地図で見る

「日本橋兜町」のデータ

人口583 人(2013年1月1日時点)
郵便番号103-0026
区域日本橋兜町のみ
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「中央区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事