「八丁堀」の地名の由来

東京都中央区にある「八丁堀はっちょうぼり」は中央区の東部に位置し、京橋地域に属する。北は日本橋茅場町日本橋兜町と接する。

長さ八町の堀に由来する

寛永年間(1624~1644年)に船を通すため、海口より長さ八町(約872m)の堀を作ったことに由来する。当初は「八町堀」と呼ばれていたが、その後、「町」が略字の「丁」となった。1931年(昭和6年)、町名として「八丁堀」が誕生した。


大きな地図で見る

「八丁堀」のデータ

人口2,773 人(2013年1月1日時点)
郵便番号104-0032
区域一丁目~四丁目
JR京葉線・東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「中央区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事