柿の渋(タンニン)を抜く方法と役割

渋柿をナイロン袋に入れ、ウイスキーなどアルコール度数が35度以上のアルコールと一緒に入れ、二晩ほど密閉しておけば渋は抜ける。

柿の渋の正体はタンニンという物質で、果肉の中の細胞が口の中で壊れ、中のタンニンが流出して渋味を感じる。渋抜きはタンニンを水に溶けなくさせるもので、アルコールにはこの作用がある。

タンニンには、未成熟な柿の種を、鳥などに食べられないようにする働きがある。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事