血液型がO型の人は蚊に刺されやすい

蚊に刺されやすい人とそうでない人がいるといわれているが、血液型ではO型の人が刺されやすいという。

血液型が異なるということは含まれている糖物質が異なるということで、O型の糖物質は他の血液型に比べて花の蜜の味に近いらしい。そのため、O型の人の血液は蚊が好きな血液で、刺されやすいというのだ。

蚊は他にも、人間の体から出る二酸化炭素や水蒸気、体温を感じることができ、これらも刺されやすい要因になる。お酒を飲めば排出される二酸化炭素の量は増え、運動をすれば二酸化炭素や水蒸気の排出量は増え、体温も上昇する。つまり、このような状態でO型の人が蚊に刺されやすいということになる。

ちなみに、蚊はいつも血を吸っているわけではなく、産卵期で高タンパクの栄養が必要な時だけ血を吸いに来るのだ。

血液型の記事:植物にも血液型が存在する?

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生き物

関連記事