交通事故 損害賠償請求額の内容

交通事後で被害者となった場合、何が請求できるかというと適正な金銭による賠償です。

交通事故で体と心に傷を負ってしまった場合、本当の願いは「事故前の状態に戻してほしい」という思いだと思いますが、日本の法律では交通事故によって被った損害は金銭による賠償が原則になります。

請求できる内容は以下の通り。

  1. 積極損害(治療費、通院交通費など)
  2. 消極損害(休業損害、逸失利益など)
  3. 慰謝料(肉体的・精神的な苦痛に対する損害)
「これらの合計金額×相手の過失割合」が加害者に対する「損害賠償請求の金額」となります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「交通事故

関連記事