「日光」の地名の由来

栃木県の西北部にある日光は、徳川家康を祀る日光東照宮や日光二荒山神社、中禅寺湖、華厳の滝などがある観光地で、世界遺産にも登録されている。

日光の地名は820年(弘仁11年)、弘法大師(空海)がこの地を訪れた際に、二荒山ふたらさんの「二荒」を「にこう」と音読みしたことに由来するといわれている。「にこう」の読みに対して「日光」の字が当てられ、現在に至る。

二荒山は中禅寺湖の北にある男体山なんたいさんの別名であり、二荒山神社の奥院がある。この山は782年(延暦元年)、勝道じょうどう上人が開山したときは観音菩薩が住むとされる補陀洛山ふだらくさんといい、これが訛って二荒山になったといわれている。


大きな地図で見る

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「地理・地名

関連記事