「千駄木」の地名の由来

東京都文京区にある「千駄木せんだぎ」は文京区の北東に位置し、本駒込、根津弥生と接する。谷根千やねせんの「千」にあたる。谷根千とは台東区の谷中、文京区の根津と千駄木付近の下町情緒あふれる地域の愛称のこと。

一日に千駄もの薪を伐り出した

かつてこの地は雑木林で、一日に千駄もの薪を伐り出したことに由来する説がある。1駄は馬1頭に背負わせられる荷物の量で、千駄には大量という意味もある。また、江戸城を築いたことでも有名な太田道灌おおたどうかんが植えた栴檀せんだんの林があったという説もある。

夏目漱石はこの地に住み、『坊っちゃん』『草枕』などを書いた。他にも川端康成、北原白秋、高村光太郎、森鴎外など多くの文人が居を構えた町として知られている。


大きな地図で見る

「千駄木」のデータ

人口19,628 人(2013年1月1日時点)
郵便番号113-0022
区域一丁目~五丁目
東京メトロ千代田線「千駄木駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「文京区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事