「千石」の地名の由来

東京都文京区にある「千石せんごく」は文京区の北に位置し、北側を豊島区巣鴨本駒込、南側を白山大塚と接する。

千川と小石川からの合成地名

1967年(昭和42年)の住居表示の際にできた町名。町の南部を流れる千川の「千」と、中山道の「せん」の読み、この地域名の小石川の「石」から取った合成地名。千川は小石川植物園のそばを流れるが現在は暗渠あんきょ(地中に埋設された河川)となっている。

御三卿のひとつ一橋徳川家より寄付された自然豊かな樹林地・千石緑地が史跡として残る。緑地内には樹齢100年以上と推定される文京区内でも有数のムクノキの巨木がある。


大きな地図で見る

「千石」のデータ

人口17,032 人(2013年1月1日時点)
郵便番号112-0011
区域一丁目~四丁目
都営地下鉄三田線「千石駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「文京区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事