「目白台」の地名の由来

東京都文京区にある「目白台めじろだい」は文京区の西に位置し、東を音羽、南を関口、北を豊島区雑司が谷と接する。

高台の目白不動に由来する

高台に目白不動・長谷寺があったことに由来する説がある。長谷寺は戦災により廃寺となっている。他にも、その昔、白馬の名馬が産まれたことに由来する説や三代将軍徳川家光が目黒に対して目白と呼ぶように命じたとする説がある。

豊島区目白と文京区目白台は地理的には豊島区雑司が谷を挟んだ場所にある。目白台一丁目は「目白御殿」と呼ばれた元内閣総理大臣・田中角榮の私邸があった場所で、その一部は現在の目白台運動公園となっている。


大きな地図で見る

「目白台」のデータ

人口6,646 人(2013年1月1日時点)
郵便番号112-0015
区域一丁目~三丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「文京区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事