「鮭」(さけ)の名前の由来

サケは、サケ目サケ科に属する魚。川で生まれ、海で成長し、産卵のために故郷の川に戻ってくる習性がある。卵は筋子・イクラとして食べられる。

「サケ」の語源については諸説ある。古く東日本で「スケ」と呼ばれていたものから転訛したという説。身が簡単に裂けるから「サケ」の名が付いたという説。アイヌ語の「シャケンペ」に由来する説がある。アイヌ民族はサケを「神の魚」として尊んだという。

漢字の「鮭」は本来「フグ」を意味する。「圭」が「怒る」を表し、「怒ると腹がふくれる魚」=「フグ」となったという説がある。他にも説があり、シャケは元来「魚へんに生」で「鮏」と書いていた。これはサケが生臭い魚であったことに由来する。しかし、この漢字ではイメージが悪いため、「鮏」によく似た「鮭」に替えたという。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「魚へん漢字の由来

関連記事