「鯱」(しゃち)の名前の由来

シャチは、クジラ目マイルカ科に属する哺乳類。体長は10mにもなり、非常に獰猛で、クジラも恐れるほど。そのため「海のジャング」とも呼ばれている。

シャチの背には大きな突起物があり、これを逆さのほこに見立てて、別名「サカマタ」(逆叉)という。「シャチ」の語源はこれに関係し、「サカタチ」(逆立)→「シャタチ」→「シャチ」になったとする説がある。他にも、「タチヲコ」(立尾魚)が訛って「シャチ」になったとする説もある。

漢字の「鯱」は、「虎のように猛々しい魚」という意味。また、想像上の動物である「シャチホコ」とも読む。シャチホコは、頭は虎に似ていて、背中に鋭いトゲを持っている。織田信長が安土城天守の装飾に使用したことで普及したといわれていて、江戸時代には「魚虎しゃちほこ」と表記していた。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「魚へん漢字の由来

関連記事