「鮃」「平目」(ひらめ)の名前の由来

ヒラメは、カレイ目ヒラメ科に属する魚。広義には、ヒラメ科とダルマガレイ科に属する魚の総称。眼が体の左側であり、日本では「左ヒラメの右カレイ」といってカレイ類と区別する。

「ヒラメ」の名前は、体が平たいことに由来する。昔、漢字表記は「平目」と書いていたが、やがて魚へんに「平」の「鮃」と書くようになった。「鮃」の漢字も名前と同様に「平べったい魚」という意味。他にも、眼の位置に着目して、「眼のひら」→「ひらめ」となったという説もある。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「魚へん漢字の由来

関連記事