「鱒」(ます)の名前の由来

マスは、サケ目サケ科に属し、日本語名に「マス」がつく魚のこと。魚の俗称であって標準名ではない。サクラマスやカラフトマスを一般にマスということが多い。川で生まれて海に下り、再び川をさかのぼる習性がある。

「マス」の名前は、朝鮮の松魚しょうぎょを日本でマツノイヲといい、「マツノイヲ」→「マスノイヲ」→「マス」になったという説がある。他にも、味がサケに「勝る」から「マス」になったという説や、繁殖力が旺盛なことから「増す」に由来する説がある。

漢字の「鱒」は中国では「赤い目の魚」という意味があり、カワアカメと呼ばれたコイ目コイ科の淡水魚を指す名前であった。日本では、産卵期に腹が赤い婚姻色になることからマス(サクラマス)に赤色という類似点から「鱒」という字を当てた。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「魚へん漢字の由来

関連記事