「鯯」「拶双魚」(さっぱ)の名前の由来

サッパは、スズキ目ニシン科に属する魚。汽水域に生息し、ママカリ(飯借)という別名でも知られる。ママカリ料理は岡山県の郷土料理として有名である。

サッパの漢字は、魚へんに「制」の「鯯」と「拶双魚」がある。「鯯」の字はコノシロを意味する漢字であり、コノシロと似ていることから同じ字を使用するようになったという。「サッパ」の名前は、コノシロよりも味が「さっぱり」していることに由来する。別名の「ママカリ」は、サッパの酢漬けがあまりに美味しくて飯がなくなり、隣から借りるほどだということに由来するといわれている。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「魚へん漢字の由来

関連記事