「鰝」「伊勢海老」(いせえび)の名前の由来

イセエビは、エビ目(十脚目)イセエビ科に属するエビ。熱帯域の浅い海に生息する大型のエビで、日本では高級食材として扱われる。

イセエビの漢字は普通「伊勢海老」と書くが、魚へんに「高」の「鰝」もある。名前に「伊勢」が付くように地名の「伊勢」に由来する。他にも、「磯で多く獲れるエビ」に由来する説や、「威勢がいいエビ」に由来する説もある。イセエビは別名「カマクラエビ(鎌倉海老)」ともいい、こちらも地名の「鎌倉」に由来し、江戸時代、伊勢・鎌倉でイセエビが獲れていた。また、もう一つの別名に「具足海老(ぐそくえび)」があり、これはイセエビの甲羅を鎧兜に見立ててそう呼んだ。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「魚へん漢字の由来

関連記事