駅の自動改札機がまだない都道府県がある

東京都や大阪府など都市圏に住んでいると当たり前な自動改札機だが、まだ設置されていない都道府県がある。

2016年(平成28年)9月時点で福井県・鳥取県・島根県・愛媛県・愛媛県・徳島県の5県は自動改札機が設置されていない。少し過去にさかのぼると、2015年3月時点では石川県・福井県・鳥取県・島根県・愛媛県・徳島県・宮崎県の7県で設置されていなかったが、石川県は2015年3月14日の北陸新幹線(長野~金沢間)の開業を期に金沢駅に自動改札機が導入された。また、2015年11月に宮崎県内初の自動改札機が導入された。愛媛県は過去に伊予鉄道の松山駅に自動改札機が設置されていたが、2013年に撤去され、「自動改札がない県」への分類となった。日本において日々、当たり前のように自動改札機を使っている人が多い一方で、まだ自動改札を経験したことがない人もいるということになる。

2016/09/15

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「乗り物・交通機関

関連記事