多くの人が知らずに損している火災保険

火災保険は、火事や災害の時しか適応されないと思っている人も多いはず。不測の事故で壊れたテレビやパソコンの修理なども可能な場合がある。

賃貸マンションなら約1万円(1年間)、一軒家なら20~30万円(複数年)の火災保険。火災保険の加入パンフレットには「火災」や「水災」の他に、「盗難」や「破損・汚損等」の項目がある。これは基本プランであったり、オプション加入で補償される項目の場合もあるが、何が補償内に含まれているか再確認しておくとよい。

例えば、ゲームのリモコンが手から滑りテレビの画面が割れた場合、飲み物をこぼしてパソコンが故障した場合、自宅の敷地内で自転車が盗難された場合など、わざとではなければ、修理や盗難に関しても保険の請求ができる。火災保険は自動車保険と異なり、等級制度がないため、適応されてもその後の保険金額が変わらないのも特徴。

2016/09/29

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事