〔オリンピック〕リオ大会での国歌は従来よりゆっくり流れた

2016年(平成28年)第31回リオデジャネイロ大会において、表彰式での国歌がゆっくりに感じられた人も多いようだ。

従来の「君が代」は56秒であったのに対し、リオ大会の「君が代」は1分17秒とゆっくりと流れた。これはオリンピック委員会が、国旗掲揚のときに統一感を出すために、国歌の長さを1分~1分30秒に変更するように指示したことによるもの。

2016/10/01

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「オリンピック

関連記事