ディズニーランドで一番高額なお土産は500万円以上する 他

東京ディズニーリゾートで最も高額なお土産は、シンデレラ城の中にあるガラス細工などの装飾品が並ぶ「ガラスの靴」で買うことが出来る。

それは2万8475個のスワロフスキーが輝くシンデレラ城で、そのお値段は514万2800円(2016年9月1日時点の価格)。作製期間は約2ヶ月で、実際に買う人が「たまにいる」とのこと。

隠れドナルドもいる

パーク内には隠れミッキーがいて、楽しみの一つ。木やショーウィンドウの中などに隠れミッキーがいる。また、隠れミッキーだけでなく、隠れドナルドもいる。ディズニーシーのキャラクターグッズなどを販売するロストリバーアウトフィッターに隠れている。

アトラクションの記念写真は後日買うこともできる

写真を販売しているカウンターでフォトキーカードをもらい、専用サイトにアクセスナンバーを入力することで、30日以内まで購入することが出来、自宅に届けてくれるサービスがある。

目隠しをして食べるコース料理がある

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」は、魔法のアイマスクで目隠しをすることで、味覚などが研ぎ澄まされ料理をより楽しむことが出来る。

雨の日限定パレードがある

ディズニーランドの夜の名物と言えば、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」で、全長700mで大人気のパレード。雨の日には限定のパレードがあり、「ナイトフォール・グロウ」と呼ばれるパレードで、キャラクター達は雨に濡れてもよい専用のコスチュームで登場。フロートと呼ばれる乗り物には雨よけが付いている。また、通常のパレードには出てこない映画「美女と野獣」のベルが登場する。雨や風が強すぎると実施されないこともあり、なかなか見ることの出来ない「幻のパレード」。

2016/10/12

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事