豆腐のパックには水がパンパンに入っている理由

豆腐のパックに入っている水は豆腐の乾燥を防ぐ役割もあるが、それ以外に重要な役割がある。

豆腐のパック
画像元:TOPVALU

豆腐に水が入っていないと、買い物帰りのちょっとした衝撃で豆腐は型崩れしてしまう。容器のパックに水をパンパンに入れることで、豆腐にかかる圧力を均一にして外からの衝撃で豆腐が型崩れしないように保護している。

ちなみに、この水はほとんどの場合はただの水道水で、豆腐を作る工程でできる水ではない。また、パック詰めは容器に豆腐を手作業で入れて、シールする機械に置く。そこで水道水が自動でかけられ容器内は豆腐と水道水で満たされ、その状態のまま機械でシールされ製品になる。

2016/10/14

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事