乗客の安全を考えて飛行機の機内を暗くしている

飛行機は夜間の離着陸の時に機内を暗くしている。

これは、緊急脱出の時に目を慣らす意味がある。機内が明るいままだと急に暗い場所に出ることになり、目が周囲の暗さに慣れるまでに時間がかってしまう。最初から暗くしておくことで、目を慣らす時間を短くできる。万が一の時のために機内を暗くしているのである。

航空会社などにより、機内を暗くするという対応を行っていない場合もある。

ちなみに、飛行機でアメを配るのは、耳がキーンとなった場合、だ液を出して防ぐ目的もある。

2017/07/14

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「鉄道・飛行機

関連記事