東京のタクシーは黒色がベテラン

個人タクシーでなくても、遠くからタクシーの色を見ただけでベテランだと分かる。

黒色のタクシーは通称「黒タク」と呼ばれ、会社によって違う場合もあるが、東京の多くのタクシー会社では優良な乗務員と認められたドライバーが乗っている。そのため、ドライバーが初心者なので道が分からないということもなく、渋滞する場所や抜け道もよく知っているので、より早く目的地に到着する可能性が高い。

また、黒タクは通常のタクシー車両に比べて安全で快適な乗り心地のハイグレード車両を採用していることも多く、通常のタクシーよりもワンランク上のサービスを受けることができる。大切なお客さんの送迎や冠婚葬祭などでの利用にも適している。会社によっては、黒タク専用の電話番号を設けている場合もある。

2017/07/17

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「鉄道・飛行機

関連記事